レトロゲームズ

「桃太郎伝説」開発秘話。西洋ではなく、桃太郎のRPGが生まれた2つのきっかけ。

      2015/10/08

スポンサーリンク

 

「テレビゲームの神々」という本がとても面白かったです。この本には、桃伝生みの親、さくまあきらさんが桃伝を生むまでのストーリーが細かく書かれています!

 

61DX8ZNHD5L

 

桃太郎のRPGが生まれたきっかけ

 

  1. 「新幹線連続殺人事件」

鉄道好きで知られるさくまさんが桃太郎伝説を誕生させる前に、実は「新幹線連続殺人事件」というタイトルの推理アドベンチャーゲームの制作構想がありました。

 

このゲームは後に桃鉄のモデルにもなるゲーム。

 

アイディアも固まりこのゲームの開発に取り組もうとしたのですが、いざ作ろうとすると物凄いスケール感のあるゲームになってしまった。そして、このアイディアがファミコンの容量に収まるわけがなく断念。こうして次なる構想に移りました。

 

2.  イラストレーター、土居孝幸さん

 

スクリーンショット 2015-10-06 23.16.07

 

これまではRPGと言ったらドラクエのような西洋のRPGが当時王道でした。ですが、イラストレーター土居さんは機械、乗り物を描くのがあまり好きではなかったのです。そして、「これが昔話だったらいいのに」という発言をすると、さくまさんがそのアイディアに好感触を示したんです!

 

それまでに無い、「昔話のRPG」。そして当時さくまさんと土居さんは週刊少年ジャンプの「ジャンプ放送局」という連載をしており、この時に桃太郎、浦島太郎、金太郎を書いてたところから桃伝の発想にもつながったんです。こうして、桃太郎伝説が誕生しました。

 

スクリーンショット 2015-10-06 23.25.10

 

ちなみにこのファミコン桃伝は100万本を超える大ヒットとなりました!新作の桃伝を出しても面白いかもしれないですね。

 

桃鉄の新作はさくまさんとコナミの問題で新作が出る可能性は難しいかもしれませんが、桃鉄好きなのでまたやりたいです。

スポンサーリンク

 - 1980年代発売


ゲームを30本売ってきた!