レトロゲームズ

モンスターハンター誕生秘話が面白い。モンハンはアクションにありがちな「◯◯」を捨てた。#1

      2015/08/08

スポンサーリンク

 

この本が面白かったんです。

 

「モンスターハンター 発想の法則」

 

IMG_5852-2

 

今も出せば大ヒットするモンハンがどのようにして作られたのか。剥ぎ取りのアイディア、原型となったゲームについても濃密に書かれていて面白かったです!

 

最初は、横スクロールの案があった

 

モンハンがまだ世に出る前の話で驚いたのが、最初は横スクロールの構想もあったところです。特に具体的なゲームで「ダンジョンズ&ドラゴンズ」みたいなゲームにしようとしてたと、アシスタントプロデューサーの小嶋さんが言っています。

 

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」

 

スクリーンショット 2015-08-08 20.38.06

 

こちらもカプコンのゲームです!「剣と魔法のファンタジーアクション」しかし、ここでたまらず言うんです。

 

「これだと、別にうちで作らなくてもいいんじゃない?」

 

確かに、「剣と魔法のファンタジーゲーム」って世の中にたくさん出ていますよね。そして開発前の段階で言われた事。

 

モンハンは「魔法」を捨てよう

 

スクリーンショット 2015-08-08 20.49.28

 

そして決まったことは、「魔法」を捨てる。「剣と魔法のファンタジー」から「魔法」を無くしたところ、今のモンハンに一気に近づいたそうです。

 

スクリーンショット 2015-08-08 20.59.31

 

そして「ドラゴン」も忘れよう

 

モンハンが誕生する前の段階ではとにかく「捨てる」作業をメインにやっていたのが分かります。ありきたりな作品になるのだけは避けたい。なので「魔法」を捨てる。「ドラゴン」は一旦忘れる。なぜかというと、アクションだとドラゴンが誕生しがちだからとの事。

 

そして、ドラゴンの代わりに何をメインで出そうとしてたかというと「ワイバーン」。初期の構想では、ワイバーンを中心に誕生させるつもりだったと、カプコンディレクターの藤岡さんが教えてくれました。

 

blog_import_4ef31e551d385

 

こちらは、モンハンでも人気のリオレウス。リオレウスもワイバーンですね!

 

 

モンハンは「魔法」を捨てたことによって今のモンハンに近づいたんですね。

スポンサーリンク

 - モンハン誕生秘話


ゲームを30本売ってきた!