レトロゲームズ

1948年発売「算数セット」の歴史。おはじき、紙カードなどが入っています!元祖「けいすうきせっと」とは。

   

スポンサーリンク

 

当時さんすうセット貰ったんですが、

 

使った記憶が無い

 

意外と使ってた学校もあったのか、気になりますな。

 

cb38a845

 

学校によって違った「さんすうセット」!

 

L001_h27_01

 

おはじきは完全に覚えてます!このさんすうセットは何であるのかというと「算数をすきになってもらうため」とのこと。なるほど。

 

さんすうセットの元祖「けいすうきせっと」

 

sch_105

 

この元となった「けいすうきせっと」はなんと、戦前からありました。中身はサイコロやおはじき。やっぱりおはじきは鉄板なんですねぇ。

 

sch_106

 

なんと最初は算数の教材が全然無かったので、自分たちで作っていたんです。ですが、自分たちで作るにも限界があり、おはじきやカード、サイコロをまとめて「算数セット」「おけいこどうぐ」として出したのがキッカケでした。

 

sch_104

 

この「さんすうせっと」が発売されたのは1948年。算数セットの歴史はこんなに長かったんですね。

 

さんすうせっとを作った人

 

さんすうせっとを作ったのは誠文社という製造会社でした。創業者の方が作ったんですが、この誠文社を創業する前はなんと小学校の校長先生だったんです。

 

そして教員時代に感じていた「子供たちに教材を与えたい」という気持ちで作ったのだそうです。

 

illust2902

 

いやー、素晴らしいですな。

 

それより、あのころに貰った「算数セット」

 

君はどこにいってしまったんだ

スポンサーリンク

 - レトロ


ゲームを30本売ってきた!