レトロゲームズ

ファミ通レビュー初の40点満点「ゼルダの伝説 時のオカリナ」!アトランタに衝撃が走った!

      2017/06/18

スポンサーリンク

 

51CXG48YTGL

 

タイトルにもありますが、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」は1998年11月27日号の「週刊ファミ通」のクロスレビューで史上初の40点満点を獲得しました。満点!

 

時のオカリナは意外にもゼルダシリーズの5作目。ですが、この時のオカリナが最高傑作という声がとても多く、IGMのゲームランキング「Top 100 Games」でも1位を獲得しています。

 

スクリーンショット 2014-09-12 13.44.15

 

1998年発売で僕もやっていました。最初64でプレイしたときは、「結構難しい」と感じたのを覚えています。あの謎解きが難しい。音楽は勿論最高ですね。

 

 

当時、「アクションのマリオ」、「謎解きのゼルダ」と言われてもいました。

 

ピクチャ 7

 

時のオカリナは難産作

 

もともと、1996年に発売の予定でしたが、プロデューサーの宮本さんが作り直しを命じることで有名な「チャブ台返しを何度も行い、発売時期が2年も遅れたというエピソードがあります。開発陣にとっては、ちゃぶ台返し恐ろしすぎる…。

 

開発環境は各分野のクリエイターが作ってあがってくるものに対して、宮本さんが音や構成に注文を出す流れで開発作業は進んでました。そして遂に完成!

 

「ES 1997」アトランタで衝撃が走る!

 

「Zelda 64」として映像が流れたとき、ジョージア・ワールド・コングレス・センターにいた人たちはその映像に驚愕。あまりの映像美に感動したそうです。

 

こちらが、発表されたときの会場。で、でかい。ここで時のオカリナの映像が流れたんですね。

 

Georgia_World_Congress_Center_from_Northside_Ave

参照:wikipedia 

 

coolrom.comという海外サイトではZelda 64はこの点数でした。いやー凄いですね時のオカリナ。4.78/5。

 

スクリーンショット 2014-11-10 13.05.20

参照:coolrom.com

 

2年遅れて発売された「ゼルダの伝説 時のオカリナ」は世界で760万本以上を売り上げ大ヒットします。国内だと114万本。海外でも人気なのが分かるゼルダシリーズ。宮本さんカッコいい。

 

海外と言えばゼルダの新作が発表されたときの海外反応シリーズ。僕が一番好きなのはコレです。

 

 

圧巻ですね。ゼルダシリーズはまだまだ続きます。

 

三銃士が発売されましたね。ダチョウ倶楽部のあのCMが好きです。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, ゼルダの伝説


ゲームを30本売ってきた!