レトロゲームズ

Nintendo64「大乱闘スマッシュブラザーズ」開発秘話。当初は任天堂キャラを使う予定は無かった。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

任天堂64ソフト売上、最上位作品です!

 

tumblr_nevs0qZ2Ss1ram05oo1_1280

 

初期のスマブラは、任天堂オールスター!となってるんですが、オールスターの部分は64以降無くなってしまいました。

 

スマブラ開発秘話

 

まだ原案だった段階では、ハル研の桜井さん、岩田さん、サウンドの方と3人で作っていました。この時のゲームの名前はまだ「竜王」。全然スマブラじゃないですね。当初は任天堂キャラが出る予定は無く、オリジナルの対戦ゲームというのが原点にありました。

 

しかし、それだと話題にならない

 

ニュースにもならないと思い、「任天堂のキャラを使おう」という事が決まりました。他にも「有名漫画家にオリジナルキャラを作ってもらう」「アニメキャラのタイアップ」というアイディアがあったんですが、結果的に任天堂のキャラを使うということで決まりました。

 

img_1

 

当時は「マリオがピカチュウを殴るなんて…」という声が漏れていたとか…。

 

「カービィのエアライド」が開発中止になっていなかったら

 

週刊ファミ通の800号の「桜井政博のゲームについて思うこと」の中で、このスマブラは一度コンペでボツになってたのですが、64版「カービィのエアライド」が開発中止になったのでこのスマブラの企画が浮上されたことが触れられています。

 

この「カービィのエアライド」は後に2003年にGCから発売されました。

 

51136BXA8CL

 

それが今では国民的ゲームだから凄いですよね。当時、64ハードを普及させたのに大きく貢献しました。

 

 

 

嗚呼、欲しいです。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!