レトロゲームズ

1986年アーケード「熱血硬派くにおくん」!初期のくにおくんが、驚異的な不良だった件。くにおくん誕生秘話。

   

スポンサーリンク

 

 

1986年にアーケード、ファミコンで発売されました。

 

スクリーンショット 2014-08-25 21.02.56

 

 

どんなゲームだ

 

 

 

僕はドッジボールのくにおくんしか知らないので調べてみたら、このゲームはステージ1で不良と駅のホームで戦ったりします。しかも、FC版だと新宿駅

 

 

 

スクリーンショット 2014-08-25 22.07.39

 

 

 

ステージ2では暴走族「横浜ファンキー」と湾岸地帯で闘います。

 

 

 

 

 

これは関わっちゃいけない人たちだ

 

 

1980年代に流行ったツッパリを取り入れた作品なんですね。「くにお」の親友「ひろし」を襲った暴走族を相手に闘っていくという、僕とは別世界のベルトスクロールアクションゲームに仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

くにお、かっけぇ

 

 

 

スクリーンショット 2014-08-25 21.32.20

 

 

正義の不良ですね。その翌年、1987年に「熱血高校ドッジボール部」がアーケードで出ます。僕はそのあとに出た、『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』をやっていましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、くにおくんはどうやって生まれたのか

 

 

 

株式会社プロフェット代表の岸本良久さんは、「高校時代はリーゼントに中ランで喧嘩ばっかしていて(笑)、ゲーム業界に入ってからも喧嘩の手応えが感じられるゲームを作りたかった。それで、殴る蹴るの本格的な肉弾戦がテーマのゲームを発案しました」と語っています。

 

 

しかも、その当時の社長は瀧邦夫という名前だったので、社長の名前をつける?みたいなノリになって「くにおくん」の名前がつきました。最初は「熱血硬派」だけでした。

 

 

くにおくんのアーケードが出たときは、シューティングゲームが大ブームのときで、「くにおくん」がアーケードで登場したときは当時衝撃だったようです。

 

 

くにおくんの人気は今でも続いており、映画とドラマも放送されました。しかも去年、2013年9月からスマホ向け放送局「NOTTV」で配信されるのに先駆け、同月開催の第6回したまちコメディ映画祭in台東でプレミア上映。

 

 

 

 

一度見てみたいですね。

 

スポンサーリンク

 - 1980年代発売

Message


ゲームを30本売ってきた!