レトロゲームズ

PS「ぼくのなつやすみ」が誕生したキッカケ。自然の臨場感を出すためにやっていたこと。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

2000年に発売されたゲームです!

 

images

 

「ボクくーん!ご飯よー!」

 

初代ぼくのなつやすみは北関東の田舎が舞台になっとります!

 

スクリーンショット 2015-02-12 16.30.03

 

今作のナレーションもダンカンさんになってます!ダンカンさんのナレーションが良い味出てるんですよねぇ。

 

おばちゃんの夕飯メニューが食べたくなるものばかり

 

スクリーンショット 2015-02-12 16.36.26

 

これはカレーに見えますね。

 

夏休みって特別な時間ですなぁ

 

スクリーンショット 2015-02-12 16.35.07

 

田舎の夏とかは特に良いですよね。

 

スクリーンショット 2015-02-12 16.40.18

 

とにかく自然最高と思わせる作品。2に関しては泣いたの覚えてますな。

 

自然の臨場感を出すためにやっていたこと

 

これは音楽を流さないで、主に流れてるのはセミの声にしたことで自然の臨場感を出していました!音楽は決まったところでしかあまり流れませんでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今作も虫捕りありますよ!

 

スクリーンショット 2015-02-12 16.46.03

 

「ぼくのなつやすみ」が誕生したキッカケ

 

この企画を担当した綾部和さんは疲れたときに目を閉じ、小学生の夏休みに親戚の家で過ごしたことを思い出し、そこから夏休みをゲームにしたらという構想が浮かびました。

 

そして、友人に「夏休みのゲームって出たら買う?」と聞いたところ、「買う!」と即答されたのがキッカケで制作が決まりました。

 

スクリーンショット 2015-02-12 17.10.04

 

初期のエンディングは「この広い野原いっぱい」という曲です!

 

 

ちなみにボクが号泣した2のエンディングはこちら(笑)

 

 

「日本の夏」が詰まってる、ぼくのなつやすみでした!

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, 2000年代発売


ゲームを30本売ってきた!