レトロゲームズ

FC版ロックマン誕生秘話。最初のロックマンは何人で作られたのか?特に力を入れた部分とは。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

ファミコン版ロックマンが1987年12月17日にカプコンから発売されました!

 

01

 

初代ロックマンは6人で作られた

 

プログラマー1人、企画1人、キャラクターデザインが3人、サウンドが1人です!キャラクターデザイン3人の内、動くキャラを作っていたのは稲船敬二さんだけでした。他の2人は背景。

 

制作期間は6人で4〜5ヶ月

 

めちゃめちゃ少数精鋭ですね。6人で1本を作るとは、凄い。

 

20080913_321166

 

ロックマンでステージが選べる理由

 

ロックマンはファミコン版が出る前は実は、アーケード前提で作られました。

 

アーケードになると1プレイ100円。100円入れてやられて、200円、300円と入れてまた同じステージでやられたらプレイヤーは「もういいや」となり筐体から離れて辞めてしまう。それではいけないと思い、ステージを選べるシステムが出来ました。

 

スクリーンショット 2015-02-09 18.13.19

 

そしてこの企画がアーケードで通らなかったので、家庭用ゲーム機から出そうとなり、ファミコン版のロックマンが発売されました。

 

容量が厳しい中、特に力を入れたエンディング

 

スクリーンショット 2015-02-09 19.07.15

 

このファミコン版ロックマンは制約などがあり、難易度が簡単なものになってしまいました。これではユーザーに怒られてしまう。そう感じ、せめてエンディングでは自分達が思ってることを入れようという事で頑張ったと稲船さんは言っています。

 

スクリーンショット 2015-02-09 19.08.35

 

ロックマンは本当は戦いたくない。ロックマンは戦闘ロボットではない。だから戦闘が終わったからもう人間に戻るんだ、という反戦的なメッセージがエンディングでは描かれています。

 

スタッフも少数で、限られた中で出来上がったロックマンでした。なぜか泣ける。

スポンサーリンク

 - 1980年代発売


ゲームを30本売ってきた!