レトロゲームズ

1958年発売!懐かしい「野球盤」!「消える魔球」って結局打てるのか?野球盤の勝ち方。

   

スポンサーリンク

 

 

1958、エポック社から発売されました「野球盤」。球はパチンコ玉のような感じです。

 

実は、僕は驚いたのですが、カーブとシュートもあるんですね!僕は消える魔球しか知りませんでした。

 

この消える魔球は、1971年の「巨人の星」の人気から野球盤でも登場しました。

 

この「消える魔球」は、あらかじめ台に球が消える仕掛けがしてあります。

 

 

ストレートだと思い、思いっきりスイングしても「消える魔球」は打てません。

 

 

実はこの「消える魔球」は攻撃側は絶対打てないため、消える魔球はボールの扱いになります。そして、この消える魔球に反対する人たちが結構いたため、穴の部分を盛り上げさせ、ボールを跳ねさせる魔球「雷神球」が新たに登場しました。

 

 

 

 

 

 

 

なんでもありですやん

 

 

 

 

  • 野球盤は振らない方が出塁できる

 

また、なんとも夢のない(笑)野球盤は四球が結構多いため、振らないほうが出塁できます。先述の消える魔球などもあるので、四球狙いですね。

 

ただ盛り上がらないのは、確実です(笑)一番盛り上がるのは柵越えホームランです。

 

ホームランでも、柵越えホームランが一番盛り上がる

 

これは、野球盤でもリアルのプロ野球でも共通ですね。打った瞬間は最高に気持ちいいんですよねぇ。美味いビール片手に最高です。

 

2007年からはアーケード版が出て、電光掲示板が登場したりしています。

 

 

パワプロとのコラボ作品などもあるので、やりたいですね。アーケード版も是非、見かけたらやりたいです。それでは!

スポンサーリンク

 - 1970年代発売, レトロ


ゲームを30本売ってきた!