レトロゲームズ

「マジック・ザ・ギャザリング」を世に広めた「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト」とは一体どんな会社だったのか。

   

スポンサーリンク

 

 

世界で初のトレーディングカードゲームです。このマジック・ザ・ギャザリングによってトレーディングカードゲーム(TCG)というジャンルが生まれました。マジック、ギャザとも呼ばれています。

 

ギネス世界記録に認定されている

 

 

マジック・ザ・ギャザリングは、世界でもっともよく遊ばれているTCGということでギネス記録に認定されています。

 

世界中で大会トーナメントも頻繁に行われ、世界人気の高さが分かります。

 

スクリーンショット 2014-08-15 17.53.00

 

ただの会社を爆発的に成長させたカードゲーム

 

 

そもそもこのカードゲームを生み出した会社はどんな会社だったのか。

 

アメリカ シアトルに設立されたウィザーズ・オブ・ザ・コーストという会社でした。

 

 

この会社は主に、テーブルトークRPGという、対話型のゲームを商売にしていた会社でした。テーブルトークとは、鉛筆やペン、サイコロを使用しながら遊びます。こちらは、ウィザーズ社が開発していたダンジョンズ・ドラゴンというロールプレイングゲームです。

 

スクリーンショット 2014-08-15 18.13.06

 

初期のボードRPGゲームですね。そして、1990年に新作のボードゲームのアイデアを提案されましたが、ウィザーズ創業者ピーター・アドキソンはこう提案しました。

 

「携帯できてすぐに遊べるゲームを発明することはできないか」

 

そこで、開発に開発を重ね、1993年7月にダラスにてen:Origins Game Fairにてマジック・ザ・ギャザリングが初お披露目されました。そして、同年8月にGen Conで、なんと250万枚のカードが売れました。

 

そして、このギャザリングに続いて、ポケモンカードや遊戯王がトレーディングカードゲームで出ましたが、今なお世界中で愛されるゲームになっています。カードゲームは原価も全然かからないので、商売にも良いんですね。

 

チェスもカードもそうなのですが、子どもにやらせるなら、ゲームよりカードを遊ばせる親の方はとても多いですね。やっぱり頭を使うからだと考えています。

 

今では科学の元素記号を扱った「ケミストリークエスト」というカードゲームまで出ています。これから、どんなカードゲームが登場するのか楽しみです。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!