レトロゲームズ

FF史上最大の売り上げを誇る傑作。FF7がここまで大ヒットした理由。驚きの開発費用。

   

スポンサーリンク

 

 

1997年1月31日に発売されました。

 

FF7はFFで初のプレステタイトルです。7は傑作中の傑作で、国内で総出荷本数328万本、また全世界では980万本売れています。この数字から見ても、海外でも人気が高いのが分かりますね。あと、ドット絵から3Dポリゴンに変わった作品です。

 

特にストーリーと音楽がFF7は最高ですね。さらに一つに絞るなら、やっぱりストーリーですよね。

 

舞台はミッドガル

 

 

巨大企業「神羅カンパニー」が、この「ミッドガル」を支配しています。そして、この神羅カンパニーはミッドガルで、星の生命エネルギーでもある魔晄を搾取しているんですね。そこで、ソルジャーの一員であり傭兵のクラウドを助っ人として雇います。

 

このミッションはクラウドにとって、ただの仕事に過ぎなかったのですが、のちに自身の過去を明らかにしていき、星の未来を左右する事になっていきます。

 

 

主人公クラウドは、後に出る北条の手によってセフィロスコピーの実験体にされました。この時に、魔晄漬けにされてジェノバ細胞も埋め込まれ、過去の記憶がほぼ無いんですね。

 

ですが、物語の後半になるにつれて、仲間との出会いなどから、クラウドの性格や言動が変化していくのが良いんですよね。

 

 

FF7がここまで大ヒットしたのには、クラウドの最強のライバル セフィロスの名前は外せません。

 

 

この二人は最後まで戦う運命にあります。宿敵ですね。この太刀は「正宗」という太刀。セフィロスは人体実験によって、体内にジェノバ細胞が存在しており、のちにその事実を知り、激しい憎悪を持ちます。そこから感情が無くなった気がします。

 

ですが、このセフィロスは実はクラウドより人気があるんじゃないかと言われているほど、人気があります。プレイアーツというフィギュアもバカ売れしている程です。

 

クラウドとセフィロス以外にも魅力的なキャラがたくさんいるのも7の魅力ですね。

 

 

話が変わるのですが、今までのRPGで当たり前にあったものが、FF7では無くなっています。

 

FF7には城が無い

 

ドラクエやRPGには定番の城が、FF7にはありません。FF7の世界観が機械文明の発達がテーマなので、魔晄炉やミッドガル、ジュノンのような世界がFF7の世界観です。しかも、街の名前などに漢字が多く使われているので、今まではカタカナが当たり前だった従来のRPGを覆した作品です。

 

FF7の開発費がヤバすぎる。

 

スクリーンショット 2014-08-14 17.04.53

 

海外サイトJEで「史上最も開発費がかかったテレビゲーム20」が発表されました。そして、なんとFF7は第3位にランクインされてました!その額いくらなのか

 

その開発費の額なんと、

 

約145億円

 

うっふぉー!!!!当時で145億円。開発費を惜しみもなく出したので、ここまでクオリティーの高い作品が出来たのですね。ちなみに第一位はグランドセフトオード5で265億円でした!

 

0からモノを作りあげるにはそのぐらいかかるんですね。FF7は果たしてリメイクされるんでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!