レトロゲームズ

1988年発売!「桃太郎電鉄」!桃鉄で強い人がやっているたった3つのこと。桃鉄が誕生したキッカケ。

   

スポンサーリンク

 

 

1988年12月2日にハドソンから発売されました。僕は桃鉄、いたスト、人生ゲーム好きなんです。今作が桃鉄の1作目です!

 

 

 

圧倒的レトロ感

 

 

桃鉄が強い人の特徴

 

僕は実は今まで、マイナス駅に止まらないように目的地に進んでいました。特に下半期などはマイナスの額が凄い額になってしまうので、下半期などは絶対にマイナス駅は避けていました。

 

ですが、桃鉄が強い人はあることを徹底してます。それは、

 

貧乏神を絶対につけないようにする

 

これは最優先事項であり、ボンビーがつく位ならマイナス駅はどんどん踏んでも良いとのこと。なぜかというと、マイナス駅は一度で終わるが、貧乏神は何かしない限り、離れないからです。

 

極端な話、マイナス駅を踏んで資産を売る事になっても、ボンビーがつく位ならいっそ売ってしまったほうがいい。これが、強い人がやってる最優先のこと。

 

急行系カードは常に持っておく

 

桃鉄の中でもしかしたらプラス駅に止まることはメリットがあまり無いかもしれません。特にゲームの序盤に関しては。それよりもカードが重要です。特に強い人はカード売り場を脳内に記憶しています。

 

急行系カードを持っていると無くなる頃にショップに寄れるからですね。つまり、毎ターン、サイコロ1個で振っていく状態が一番危険なんですね。

 

独占できる物件を買っていく

 

桃鉄は、所持金よりも利益の出る物件を買い占めると一気に有利になります。特に名産地の名産店などは、イベントも発生しやすいので買いですね。

 

まとめると、貧乏神は避け、急行系は使いまくり、物件を独占していけば、一気に桃鉄は強くなります。

 

そもそも、桃鉄は誰が作ったのか。それはさくまあきらさんという方でした。

 

さくまあきらさんが桃鉄を作ったキッカケ

 

夕張メロンピュアゼリーの味に感激し、「どうしてもこの素晴らしい商品をみんなに知ってほしい」と思い、その手段としてゲームソフト「桃太郎電鉄」を開発したと自身の日記に綴っています。

 

す、凄い

 

そこで夕張ピュアゼリーがとても気になったので見てみました!

 

こちら!

 

 

 

普通に美味しそう

 

 

桃鉄はハドソンが潰れてしまったので、もう世に出ることはあるのか難しいですが、

 

桃鉄ファンとしてずっと待っていたいです。

スポンサーリンク

 - 1980年代発売


ゲームを30本売ってきた!