レトロゲームズ

ファイナルファンタジーIVが圧倒的に評価される理由。音楽の教科書にも載った「愛のテーマ」とは。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

 1991年7月19日にスクウェアから発売されました。

 

201108260902222e3

 

 

4,5,6の評価は凄いです。これらに続いてあの名作7だから凄いですね。

 

FF4で圧倒的に評価されていること

 

 

まず、音楽が抜群にすばらしい。FF史上一番、耳に残るバトル曲と今作では言われています。かっこいいです。フィールドの音楽は何か寂しい感じを残している曲でこれまた素晴らしい!

 

 

特にRPGではバトルが何度も行われるので、バトルがかっこよくないと致命的なんですね。そのため、ドラクエとFFのバトルのBGMは耳に残る曲にしてるんです。

 

スクリーンショット 2014-12-12 9.15.57

 

ストーリー

 

主人公セシルは「赤い翼」の騎士団長でしたが、同じくバロンの竜騎士である親友カインとともに、軍事力で周辺国からクリスタルを奪っていくバロンのやり方に疑問を覚え、国王に逆らい国を追われる事になります。 

 

クリスタルがパッケージにも写っている通りFF4ではクリスタルが鍵になってますね。

 

スクリーンショット 2014-12-12 9.11.39

 

 

 4の難易度は高め

 

4の敵はハッキリ言って強いです。ボスとかは、対戦前に装備を揃えなければあっという間にやられます。

 

なので、当時4をプレイした人は簡単なFFだと物足りなくなってしまったのがあります。ボスでやられては、もう一度レベル上げをする作業が好きだったんですねぇ。てか僕が好きなだけ。

 

そして、FF4を象徴する「愛のテーマ」

 

この曲は音楽の教科書にも載りました。

 

 

ぜひ、聞いてみて下さい!

 

王の怒りを買い、セシルは親友カインと共に国を追い出されてしまう。

そんなあらすじから始まるファイナルファンタジー4。

ここから展開される、世界を巻き込むストーリー、様々な人間との出会い。

 

スクリーンショット 2014-12-12 9.15.02

 

 

グラフィックこそ最近のFFよりは落ちますが、それでも秀逸。傑作ですね。

 

スポンサーリンク

 - 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!