レトロゲームズ

1994年、SFC「実況パワフルプロ野球 ’94」。パワプロがここまでヒットした理由。当時、画期的だと言われていた意外なこと。

   

スポンサーリンク

 

 

 

1994年にスーファミから発売されました!パワプロの第一作目ですね。今ではプロ野球ゲームといったらパワプロなんじゃないかと思います。当時のどらきゅうやファミスタでやっていなかったことをパワプロは新しく取り入れたものがあります。

 

 

 

「ミートカーソル」誕生

 

 

 

今までの野球ゲームといったら、ファミスタみたいに左右に動かすだけで、ボールを打てたのですが、パワプロにはさらに上下が加えられました。そのために、このミートカーソルが誕生しました。ミートカーソルが誕生したことによって、難易度が少し上がり、野球ゲームをプレイする人がより楽しめることがパワプロのヒットにつながりました。

 

 

 

 

 

確かにこのミートカーソルがパワプロの面白さですよね。ミートが小さいやつは最初から強振狙いは必須ですよね(笑)

 

 

 

衝撃的だった、ウグイス嬢と応援団の登場

 

 

そして、当時このパワプロで画期的だったことはウグイス嬢、実況の熱さ、応援団でした。今ではパワプロの中で当たり前になってますが、当時では凄いことでした。パワプロ制作者 赤田勲さんはテレビで野球を見ていて、実況のテンションの低さから、ラジオを流しながら野球を見始めました。その結果、ラジオの野球の面白さに気づき、そのラジオからパワプロの実況の方向性を決定づけました。

 

 

 

パワプロは意識して聞いてませんでしたが、実況めちゃめちゃ熱いですね。長打が出たときは「打ったーーーーー!!!!」って言いますからね。しかも、ウグイス嬢もちょうどいい音量なんです。

 

 

 

「パワプロ」ではなく、「てけてけプロ野球」になるはずだった

 

 

 

 

なんとも驚き。実はパワプロは企画書で出されるときに、「てけてけプロ野球」というネームで一度出されました。しかし、それは通らず結果はボツ。新しく名前を考えることになり、まず「プロ野球」。これは分かりますね。次に、先述出たパワプロの象徴「実況」。そして、「エキサイティング」か「パワフル」になり、「パワフル」が採用され、「実況パワフルプロ野球」になりました。もしかしたら「実況エキサイティングプロ野球」になるところだったんですねぇ。

 

 

そして、パワプロといったら

 

 

  • 丸っこいキャラ誕生

 

 

 

 

そう、パワプロくん誕生です。今では矢部くんや猪狩守などというキャラクターがたくさんいて、パワプロをとても盛り上げてくれています。僕もリアルよりパワプロくんが好きですね。

 

 

キャラを決める会議で、みんながリアルに反対してくれて良かった。。僕は97から始めたんですが、むちゃくちゃハマりました。イチローなんかABAAAでしたからね(笑)松井稼頭央もABAAAだったでしょうか。

 

今ではサクセスやマイライフでパワプロのハマり要素は年々増えましたよね。最近ではオンラインモードもあるので、これからパワプロがどうなっていくか非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, etc


ゲームを30本売ってきた!