レトロゲームズ

1987年に発売された「ファイナルファンタジー」。世界で累計1億万本売れたFFの魅力。

   

スポンサーリンク

 

 

1987年に発売された「ファイナルファンタジー」。記念すべき第一作目です。

 

当時、スクウェアは大変な経営危機に直面しており、ファイナルファンタジーは恐らく最後の作品になるだろう。そう言われていました。なので、スクウェアに在籍していたFF生みの親坂口博信さんは、RPGがゲーム産業での最後の仕事になるだろうというところから「ファイナルファンタジー」というタイトル名がつけられました。坂口さんはこれでダメなら会社を辞めると考えていました。

 

しかし、FFは大ヒットする

 

 

ファイナルファンタジーは世界で1億万本以上売れており、海外でも大変人気のタイトルです。

 

海外のFFの反応がネットで見れたので、一部をお届け!

 

FF8よ、永遠に!!

 

FF12が一番お気に入りだ。ヴァンがどんなときも不平を言わないのが良いね。クラウドはクールだったけど、ちょっと女々しすぎる。

 

1番はFF9とFF10だろ!!

 

死ぬ前に、必ず一作はやっておけよ!

 

by アメリカ(4人)

 

過去最高のシリーズ作品がこの作品さ!

 

FF10が俺のお気に入りだった。ほんとにハマったんだよ。このゲームは素晴らしく楽しい、貴重な時間を僕にくれた。音楽を聴くだけで、暖かく暖かくふんわりとした気持ちにさせてくれるんだ。

 

byイギリス(2人)

 

最高のシリーズだよね。俺の人生の大部分をFFが占めるよ。セフィロス最高^_^

 

byカナダ

 

中にはこんな意見も

 

俺は今まで発売された全ての作品が好きだ。だけど、エニックスと合併してから問題が生じてきた。10-2と11はほんとひどかったよ。ストーリーは悪かったし、バトルシステムなんてもう、悪夢だね。スクウェア・エニックスの合併によって生まれた唯一の利点は、ドラクエ8だけだ。スクウェアソフトが懐かしいよ。

 

byオーストラリア

 

ちなみに海外で圧倒的に人気なのがFF7です。

 

 

国内でもFF7,10を傑作と挙げる人は多いですよね。

 

なぜ、スクウェアはRPGを作ったのか

 

スクウェアがRPGの製作に参入したのは、スタッフが当時発売されたばかりの『ドラゴンクエスト』をプレイし、「自分達もこんなゲームを作りたい」と思った事が実は始まりです。当初は、スクウェアチーム、なんと4人で作っていたそうです。

 

このときのことを坂口さんはこう言っています。

 

あんなに一生懸命ゲームを作ったのは初めてでした。

 

このタイトルは大ヒットシリーズとなり、その時の「最後の夢」が現在まで続いている状態になっている。それが世界のタイトルとなったわけですね。

 

FFを象徴する天野喜孝さんのデザインはいかにして生まれたか

 

当時、スタッフの中に熱狂的な天野さんファンがいました。その方は断られる、または考えさせて欲しいと言われると思いきや、オファーしたところあっさり快諾。しかも、「書くならドット絵が良いですかね?」と質問などもされました。今ではFFといったら天野さんですよね。

 

 

天野さんは個展なども積極的に開いています。

 

 

FFは次回作が決まり、新生エオルゼアが発売されます。FF14です。

 

楽しみですね。それでは!

スポンサーリンク

 - 1980年代発売

Message


ゲームを30本売ってきた!