レトロゲームズ

「うまい棒」の原価はいくらで、1本の儲けがいくらなのか。経営のカギは配送と穴にあり。1日の利益が驚愕でした。

      2015/09/20

スポンサーリンク

 

スクリーンショット 2014-11-15 19.39.50

 

株式会社やおきんで販売されている「うまい棒」!

 

 

1本10円は有名ですよね。ですが、1本に対する儲けはいくらなのか。これを知らない人は実は多いんじゃないでしょうか。

 

 

うまい棒1本の原価

 

 

作る手間がいくらかかっているのか。原材料いくらなのか。

 

 

これは8円だということが分かりました。原価ですね。

 

 

つまり1本の儲けは2円。2円で商売やっていけるのかと思う方は多いと思います。

 

 

カギは「配送費」にあり

 

 


スクリーンショット 2014-11-15 22.10.32

 

 

 

うまい棒の商売で一番コストがかかるのが配送。ここで凄いのが、うまい棒は信じられない量を一気にトラックに積んで一気に配送することで、配送費を抑えています

 

 

そして、この穴。

 

 

スクリーンショット 2014-11-15 22.16.14

 

 

うまい棒にこの穴を開けることで大量配送でグラグラ揺れても、割れたり崩れたりすることが無くなったのです。

 

 

驚きの1日の利益

 

 

2006年「がっちりマンデー」で放送されましたが、1日の売上本数は約140万本以上。

 

 

なので1本2円の売上でも140万本売れたら1日280万円の利益が発生しているのが分かります。

 

 

うまい棒は他にも面白いユニークな商品を発表して、SNSで拡散されるのでこれがやおきんの凄いところだと思います。

 

 

 

面白かったです!

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, 駄菓子


ゲームを30本売ってきた!