レトロゲームズ

スーファミ「ヨッシーアイランド」!当時、ヨッシーアイランドが177万本も売れた理由。

   

スポンサーリンク

 

今、2014年7月24日(4日前)に発売された「ヨッシー New アイランド」で沸く世の中で、

 

 

ピクチャ 4

 

 

今スーファミ版をブログに書いてる人いるのか?(震え声)

 

 

 

イッツミー!(マリオ風)

 

 

 

そして、1995年に発売されたスーファミ版!

 

ピクチャ 7

 

タイトル画面

 

ピクチャ 2

 

当時、なんと売り上げ本数177万本!

 

ストーリー

 

赤ん坊だったマリオルイージの双子の兄弟は、コウノトリに運ばれて2人の両親の家に届けられようとしていた。ところがこの双子はカメ一族の魔法使い・カメックの占いによって後にカメ一族の脅威となることが分かったため、カメックはこの双子の赤ん坊を強奪しようと企んだ。カメックはコウノトリを襲いルイージを奪うことはできたが、マリオはそのまま下へ落ちてしまう。マリオは運良くヨッシーたちの住む島「ヨッシーアイランド」に生息する1匹のヨッシーの背中に着地。そしてヨッシーたちがこの赤ん坊についてどうしようかと会議しているところ、マリオが「あっち、あっち」と指差し始めた。そこでヨッシーたちはルイージを救い2人の赤ん坊を無事に両親の元へ送り届けるため、マリオを交替で運びながらこの赤ん坊の指差す方向に向かい、冒険をすることになった。(wikipedia参照)

 

マリオシリーズから誕生した脇役がメインの作品は、”ヨッシーアイランドが初

 

ピクチャ 3

 

任天堂の宮本さんがヨッシーアイランドが誕生したキッカケはふんばりジャンプ”や”舌を伸ばして取る”というのをしたかった。と語っています。

 

確かに「タマゴ投げ」や「ふんばりジャンプ」、「ヒップドロップ」など、ヨッシーを特徴づけるアクションが、今作で決定的になりました。当時、クリスマスプレゼントでヨッシーアイランドを手に入れた僕は、敵を飲み込んでは、

 

狂うようにタマゴ投げまくってました(☝ ՞ਊ ՞)☝

 

ヨッシーアイランドの特徴的なグラフィック

 

ピクチャ 5

 

この独特な世界観が受けて、大ヒットにつながる

 

ヨッシーアイランドは、操作性や世界観、ストーリー全てにおいて高い評価を受けて、大ヒットになりました。Amazonでも5点満点中満点です。

 

納得の傑作ですね。

 

また、やりたい。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!