レトロゲームズ

「レイトン教授と不思議な町」!5年で1500万本売れてるレイトンの魅力。これまでの謎解きゲームとは違いました!

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

レイトン教授は2013年の3月時点で全世界の累計販売本数が1500万本に達しました。

 

 

 

海外版はこちら

 

 

 

 

 

キャッチコピーは「ナゾトキ×ストーリー

 

 

不思議な町の住人から出題されるパズル=ナゾを解くことで物語が進むファンタジーアドベンチャーゲームレイトン教授とルーク少年が町の怪事件に挑む。」

 

 

 

レイトン教授は2007年に発売され、2013年で1500万本。僅か5年しか経ってません

 

 

 

レイトン教授がここまで人気なのはなぜ?!

 

 

 

今までの金田一やコナンのゲームの謎解きと比べ、明らかにレイトンの謎解きは異質なモノになってます。

 

 

 

 

 

レイトン教授の謎は頭の体操発想力が試される種類です。レイトンより2年先に出た「脳トレ」を彷彿させる謎解きになってます。

 

 

 

 

パズル、図、迷路といったジャンルの問題が出てくるので、大人はもちろん子どもにも頭の体操がてら教育ゲームとして楽しめるところにレイトンの成功した理由があります。

 

 

そして、何よりヒットした理由

 

 

レイトン教授の世界観

 

 

 

 

 

レイトン教授は何と言っても世界観とキャラクターが魅力的でした

 

 

西洋をイメージした世界。そして、BGMではアコーディオンを使用した曲などもあり、世界観を引き立たせています。

 

 

 

 

この雰囲気のある絵。町が良いんですよね。

 

 

 

 

古きヨーロッパをイメージする世界観ですね。

 

 

ちなみに、レイトンの音楽も素晴らしいのでぜひ聞いてみてください。

 

 

 

 

 

レイトンは2007年に出ましたが、その年2007年に日本ゲーム大賞2007年度優秀賞を受賞しています。

 

 

これからのレイトンにも期待です。

 

スポンサーリンク

 - 2000年代発売, レトロ


ゲームを30本売ってきた!