レトロゲームズ

落ちものパズルの元祖!「テトリス」!テトリスを開発した「アレクセイ・パジトノフ」とは何者だったのか。

   

スポンサーリンク

 

ピクチャ 4

 

テトリスってロシアで開発されたゲームなんですね。

 

上の画像は初期のテトリスなのですが、背景がロシアの背景の様です。そして、実際に音楽もロシア音楽を採用していたようです。

 

実はテトリスは教育用ソフトとして開発された

 

今では娯楽、パズルゲームで認知されてますが、もともとは教育ゲームだったんですね。パズルゲームは頭に良いですからね。特にテトリスとかは。

 

1989年に任天堂から発売されたゲームボーイ版のテトリスは「いつでもどこでも遊べる」のキャッチフレーズが火付け役となり、約424万本のメガヒットになります。ゲームボーイ最初期の作品ながら、ゲームボーイソフト単体での史上売上1位を記録。

 

テトリスは今でも人気で、最近ではぷよぷよとのコラボ作品「ぷよぷよテトリス」略して「ぷよテト」が出ましたね!

 

ピクチャ 6

 

誰がテトリスを開発したのか

 

アレクセイ・パジトノフ。それはロシア生まれのコンピューター技術者でした。

 

ピクチャ 5

 

「テトリス」が開発されたのは1984年。今から30年以上前!!

 

ソビエト連邦のR&Dセンターであるソビエト社会主義共和国連邦科学アカデミーコンピュータ部門で働いていた時、『テトリス』を開発した。

 

もともとコンピューター大好きだったんですね!

 

他にも「ヨッシーのクッキー」ではデザインの協力などもしています。

 

そして、2007年3月7日パジトノフはカジュアルなゲーム市場を開拓したとして、Game Developers Choice Awards First Penguin Awardを受賞しました。

 

これから後どのくらい「テトリス」は語り継がれるのでしょうか。新しい歴史を変えるパズルゲームが生まれるのでしょうか。とても楽しみですね。

 

スポンサーリンク

 - 1980年代発売

Message


ゲームを30本売ってきた!