レトロゲームズ

「ダーククロニクル」!ドラクエ生みの親 堀井雄二さんがダーククロニクルをプレイした話。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

2002年11月28日に発売されました。

 

 

 

 

開発はあのレベルファイブです!今や妖怪ウォッチやイナズマイレブン、ダンボール戦機、レイトンなどを生み出した会社です。

 

 

ですが、その中でもレベルファイブが立ち上がって、すぐに作られたのがダーククロニクルです。

 

 

堀井雄二さんがプレイして認めた!?

 

 

 

 

 

あのドラクエの生みの親 堀井雄二さんがダーククロニクルをプレイして、レベルファイブにドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君開発を依頼しました

 

 

スクリーンショット 2014-11-10 9.52.55

 

 

確かにダーククロニクルの3Dがドラクエ8に反映されてるかもしれないですね。

 

 

ストーリー

 

 

パームブリンクスの町に住む少年ユリスが、町に来たサーカスの公演を観に行き、それがきっかけに、世界が崩壊の危機に直面していることを知る。旅に出たユリスは未来から来た少女モニカと出会い、邪悪な存在「グリフォン」に立ち向かう。旅を進めるうちにユリスは自らの出生の秘密を知ることになる。(引用:wikipedia)

 

 

ジャンルはアクションRPGですね。

 

 

 

 

 

自由度が相当高いRPG

 

 

今作は自由度が高く、やり込み要素がとてもあります。

 

 

まず珍しいのが、主人公の見た目が変えられたんです。画期的でした。

 

 

 

 

そして、釣りをしたり

 

 

 

 

乗り物にも乗れ、

 

 

 

 

スフィーダと言いますが、ゴルフも出来ます(笑)

 

 

 

 

 

あと、3Dグラフィックが綺麗

 

 

今作は写真を撮ることも出来るのですが、映像がキレイです。

 

 

 

 

 

 

ダーククロニクルといったらこういう妖しい雰囲気のイメージなんですよね。

 

 

やり込み要素はとてもあります。

 

 

ちなみに、ファミ通で35点獲得し、プラチナ殿堂入りしてます!

 

 

ぜひ、一度プレイしてみてください!

 

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, 2000年代発売


ゲームを30本売ってきた!