レトロゲームズ

「ゾイド」!ゾイドは1982年に作られていた?!1番人気のゾイドプラモは?!

      2015/11/24

スポンサーリンク

 

ゾイドは動物型兵器。当時プラモ買ってました!

 

 

 

ゾイドは1982年にタカラが作り、アメリカで好評だったため、日本でも発売されました。

 

 

な、なんとゾイドは30年前から作られていたんです。

 

 

アメリカでそのときは「ZOIDS」というタイトルで出され、日本で出されるときはゾイドより前に「メカボニカ」というタイトルで発売されたんです。

 

 

 

 

これが後に出る「ゾイド」の前身です。メカ(機械)ボニカ(骨)。

 

 

 

アニメ化スタート

 

 

日本で人気が出たのはアニメ化が始まってからに感じます。当時、夕方やってたなぁ。

 

 

 

 

 

コロコロからのアニメ化が一番王道ですよね。

 

 

一番人気のゾイドプラモ

 

 

それは、現時点ではこちらではないかと

 

 

ZOIDS EZ-049 バーサークフューラー (1/72スケール プラスチックキット)

 

 

 

 

 

べらぼうにかっこいい

 

 

 

しかもこやつ、絶対強い!!

 

 

しかも、人気なのは他に理由があり、

 

 

 

 

一度バラして

 

 

 

 

 

違うタイプのゾイドも作れるから好評なんです!!同じパーツで作れます!

 

 

 

ゾイドっていまいち盛り上がらなかった?

 

 

 

それには、実に分かりやすい理由なのですが、子どもにはこのゾイドのプラモは作るの難し過ぎました。

 

 

アメリカでも発売されたのですが、アメリカの子どももゾイドは精巧すぎて作れなかったんですそして、ドイツでも発売されたのですが、「ドイツの少年に親は兵器を与えない」とのことでゾイドは子どもに買い与えられませんでした

 

 

難しい問題ですね。兵器と解釈されると思想まで入ってきます。作る話でもそうですが、これはパズルもそうで、子どもは出来ないと割と簡単に手放し、興味を失くしてしまいます。

 

 

おそらく、各国子どもたちがプラモを作れなかったのがゾイドが盛り上がらなかった一番の理由だと感じます。子どもはシンプルで分かりやすいのでないと、難しいんですね。

 

 

ですが、ゾイドは今でも一部の大人に愛されています。

 

 

中学のとき同級生だった高橋くんはずっと買ってました(笑)

 

 

 

今新しくなったゾイドやったら、ボクも見たいです!

 

スポンサーリンク

 - 1980年代発売


ゲームを30本売ってきた!