レトロゲームズ

「ムシキング」!なぜ人気絶頂だったムシキングが撤退したのか。ムシキングを広げるために、セガがやっていたこと。

      2015/11/24

スポンサーリンク

 

2003年にセガからアーケードで稼働始まりました。ですが、2010年に稼働終了してしまいました。

 

 

 

 

今思えばカードゲーム筐体の先駆けだったかもしれません。

 

 

wikiによると、2007年11月時点での累計出荷枚数は4億9800万枚となっていたと書いてあります。

 

 

 

なんでムシキングは撤退したのか

 

 

実はムシキングの後継機となる恐竜キングという筐体を開発していたころ、タイトーからダイナマックスダイノキングという筐体を先に出されてしまったんです。

 

 

これに怒ったセガがタイトーの店舗からムシキングを撤退させてしまったんです。今思えば、これでムシキングの人気に陰りが出てしまったかもしれません。設置店舗数を減らすのは致命的です。

 

 

ですが、これにはさらに裏話があり、ダイノキングを実際に開発してるのはタイトーではなく、韓国のD-Gateという会社でした。

 

 

そして、実際にセガはタイトーに中止を求める処分を、東京地裁に申請しています。

 

 

 

ですが、話し合いなどもあり、セガとタイトーは和解しました。

 

 

特許が絡むと恐ろしいですね。

 

 

 

ムシキングを広めるために、セガがしたこと

 

 

当時、ムシキング好きな芸能人もいました。若槻千夏さんとか。

 

 

ムシキングが広まったのには、ある理由がありました。

 

 

それは、イベントをたくさん開催させる

 

 

 

 

 

現にムシキングは、2008年6月にムシキング公式大会開催数が10万回超えて、ギネス世界記録に認定されています。10万回とか…凄い。

 

 

コツコツイベントを開催したセガの企業努力なんですねぇ。実際にその会場でカードをトレードするなどコミュニケーションも取られたとか。

 

 

 

 

 

ギネス認定され人気絶頂だったムシキングも、稼働終了してしまうんですね。時代の流れって本当分からないですね。

 

 

今は妖怪ウォッチですが、これからが楽しみです!

スポンサーリンク

 - 1980年代発売, 1990年代発売


ゲームを30本売ってきた!