レトロゲームズ

初代「スーパーボンバーマン」!強レベルCPUの特徴。白ボンと黒ボンの意外な関係。

   

スポンサーリンク

 

1993年に発売された「スーパーボンバーマン」!

 

パッケージはこちら。

 

ピクチャ 9

 

な、懐かしい。。。

 

話が唐突なのですが、「ボンバーマンやろうぜ!」って友達に言うとき、ボバろうぜ!」って言ってる人が当時、結構いたらしいです。

 

僕は言ったこと無かったような。言いたかったです!

 

タイトルで初代と言ってますが、このSFCより前にFC「ボンバーマン」があります。

 

BOM_001

 

僕はやったことないですねぇ。やってみたい…。

 

そして、「スーパーボンバーマン」物語

 

舞台は平和な町「ピースタウン」。悪の科学者カラット・ダイヤモンドとDr.ムックがここに目をつけ、侵略しようと企む。そしてそのためにロボットトーナメントを開催しようとする。その中でもボンバーマンの高い戦闘能力に注目する。これに対して黒ボンバーマン(以下『黒ボン』)が立ち向かうが、Dr.ムックが製作したメカボンバーマンに返り討ちにあって、拠点だったブラックボンバーマン城を奪われてしまう。命からがら逃げ出した黒ボンは、かつてライバルだった白ボンバーマン(以下『白ボン』)に協力を願い出る。ついに、かつては敵同士だった白と黒のボンバーマンが共にカラット相手に戦う事を決意する。(wikipedia出典)

 

白ボンと黒ボンはもともと敵だったのか

 

これは意外でした。てっきり仲間かと思っていました。

 

僕が思い出すのはCPUのレベルが相当高かったのを覚えてます。CPU難易度は10段階あるのですが、4~5辺りでもなかなか強かったのを覚えています。

 

強いCPUは、とにかく挟みボムが上手いですね。あとこっちが仕掛けたボムは華麗に避けるw

 

あのボム2つで挟むやつですね。

 

あの時のCPUボンバーマンはAIがかなり優れていたのか、どんなに連続で置いても、突破口を見つけ出すんですよね(笑)

 

また、やりたいですなぁ。

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, ボンバーマン


ゲームを30本売ってきた!