レトロゲームズ

傑作「ファイナルファンタジーX」!ボイスを入れることの大変さ。キマリを全然戦闘に出さなかった件。

      2015/07/20

スポンサーリンク

 

 

来ましたよ!FF10!ボクも勿論クリアしました!

 

 

2001年に発売されました。今作はPS2で初のダブルミリオン作品です。

 

 

国内だけで230万本以上の売り上げです!

 

 

 

 

 

アバター並みに綺麗な映像に仕上がってます。ふつくしい…。

 

 

FF10は2006年のファミ通で「読者が選ぶ心のベストゲーム」コーナーで45万ポイントを獲得し、圧倒的1位となっています

 

 

本作はスピラと呼ばれる異世界が舞台となっております。そこにたびたび現れるのが「シン」ですね。スピラにいる民は、シンがいつか消滅することを願ってます。

 

 

 

 

 

 

今作は「エボンの教え」「幻光虫」と現実世界とはかけ離れた世界観になってるのもFF10の魅力になってますね。

 

 

 

「キマリ…ごめんな」

 

 

ボクの中でスタメンは、ティーダ、ユウナ、アーロンが主でした。そして、黒魔法を使うルールーを重宝していました。

 

 

中でもキマリはずっと

 

 

ベンチを温めていました

 

 

万年ベンチを温め続けてきました。

 

 

全然戦闘に参加させてなくて、後々キマリが主役のイベントが発生し、俺氏涙目になったのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

ホンマ、すまんかったなぁ(武田鉄也)

 

 

FF初のボイスキャラクター

 

 

今作からFFはボイスが付きました。ボイスに関してスクウェアは当時手探りで本当大変だったんですね。オーディションを何度もやり、ボイスだけで一年以上かかったと言われています。

 

 

最後まで決まらなかったティーダ役、ユウナ役

 

 

他の役は決まっていたのですが、この二役だけは決まりませんでした。そこでティーダ役とユウナ役のモーションキャプチャーをやっていた方に、声をやらせてみた結果、合ったので決まりました。キッカケって分からないですねぇ。

 

 

名曲「ザナルカンドにて」「いつか終わる夢」誕生

 

 

こちらは説明いらず、とりあえず聞いてよってff10ユーザーなら思うはず(笑)FFの後世を残す程の素晴らしい曲となっています。

 

 

 

FINAL FANTASY Ⅹ 【いつか終わる夢】&【ザナルカンドにて】

 

 

 

FF10の音楽はどれも素晴らしく甲乙つけられない程、楽曲クオリティが凄いことになってます。

 

 

 

ぜひ、聞いてみてください。

 

 

 

そして、FF10はリマスターとして、2014年に再発売されたのでプレイしてみましょう!

スポンサーリンク

 - 1990年代発売, 2000年代発売


ゲームを30本売ってきた!